評価&申告書作成

仕事内容の大半を占めるのは、財産評価から相続税申告書作成、税務署への提出までの一連の流れです。
最新の相続税申告ソフトやシステムを利用することで、土地の補正の計算などの単純作業面は可能な限り効率化しています。
そして、その分、評価金額を下げるという節税面や、税務調査を念頭に置いた“税務調査に強い申告書作成”などに力を入れます。
社内で税理士が検算をしますので、ミスを防止してスキルアップの指導を受けられます。

生前対策

不動産や保険を活用した相続税対策、二次相続を考えた遺産分割、節税額や節税シミュレーションをまとめたレポート作成などを行います。
また、税金面だけでなく、民法の知識をベースにした遺産分割争いにならない分け方や、民事信託、遺言書などを活用した方法などを司法書士や行政書士と一緒に構築しますので、自然と“相続全般の深い知識”が身につきます。

還付請求

「相続税をもっとも安くする方法」に自信があるからこそ、他の税理士さんが作った申告書の還付請求を税務署に行うこともあります。
“お金が戻る”還付請求は税理士では珍しい業務で、お客様にも心より喜んでいただける業務です。
(当初申告の税理士さんとは関係のない受任になりますので、税理士間でトラブルを生むこともありません)

税務調査の立会い

もし仮に税務調査が行われた場合には、経験豊富な税理士と一緒に同席立会いを行います。
実際の現場で税務署がどのような調べ方をして、どのような点を指摘してくるのかを知ることは、実務力を大きく引き上げる経験になります。
また、社内で行われた税務調査は全て「税務調査レポート」にまとめられて社内勉強会を行います。税務署という敵を知ることで申告実務の自信が付きます。