渡邉 祐介

渡邉 祐介

弁護士の渡邉祐介(わたなべゆうすけ)です。私は元々、IT企業でサラリーマンをしていましたが、より直接的に企業を支援したり、ひとの人生に寄り添ったりしていける職務をしたいと思うようになり、一念発起し弁護士を志しました。

トラブルや人の悩みの本質は、突き詰めると心や感情という人の根底のところにあるように思います。法律は解決手段の中の一つでしかありません。法律要件に関係しそうなところ以外は一切聞かずに切り捨ててしまうというようなことはせずに、お客様のお話を丁寧にお聴きして、問題の本質を解決していけるように心がけております。

取扱い分野 中小企業、ベンチャー企業のお客様からの企業法務を中心に、相続問題、離婚・男女問題、刑事事件といった個人のお客様からのご相談まで幅広く取扱っております。企業法務では知的財産関連やインターネット問題に関心があります。
経歴 千葉県出身。中央大学法学部卒業後、IT企業にてSE(システムエンジニア)として勤務していましたが、より直接的に企業に関わっていける仕事、ひとの人生に寄り添っていける職務に就きたいと思うに至り、弁護士へ転身しました。上智大学法科大学院、司法修習、都内法律事務所勤務を経て、税理士法人を母体とするベンチャーサポートグループとして、弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所を開設し、中小企業やベンチャー企業の社長からのご相談、個人のお客様からの相続問題や離婚・男女問題などのご相談を数多くお受けしています。お客様のお悩みやトラブルをお聴きし一緒に考え解決できたとき、お客様の人生の転機や中小企業の社長・会社の躍進の契機となれたときに、弁護士として尽力できる喜びを感じます。
著書・論文 『 プロが教える! 失敗しない相続・贈与のすべて 』COSMIC MOOK (監修)
メディア掲載履歴
趣味 バスケットボール、スキー、ゴルフなど。
好きな言葉 「あきらめたらそこで試合終了だよ」
お客様へ一言 お困りのことがある方は「こんなこと話して良いのかな」「これは法律問題なのだろうか」などと悩まれる前に、まずはお気軽にご相談ください。法律だけでなくあらゆる方向から一緒に解決策を考えていきましょう。