弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所・代表者挨拶

ベンチャーサポートグループは、2003年に税理士事務所としてスタートしました。

私たちは、インターネットを活用してお客様とのご縁をいただきつつ、他の税理士事務所とは一線を画したサービスレベルを目指し、今も常にサービス向上に取り組んでいます。その中でお客様の問題をワンストップで解決できるように、既存の社会保険労務士・行政書士・司法書士といった士業法人に加えて、新たに弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所を設立しました。

士業は、「先生業」と言われることがありますが、先生業という認識ではサービスは向上しません。私たちは全スタッフに「サービス業」という考え方を徹底し、何がお客様に役立ち、喜んでいただけ、選ばれるサービスなのかを考え続けてきました。「サービス業としての士業」とは決して奇抜なものではないと思っています。逆に、むしろ基本を徹底すること。

担当者一人ひとりが、一社一社の社長と信頼関係を築く。
お客様の質問や問合せに即レス・即対応する。
全スタッフが個人としての能力を高め、専門知識とビジネスに精通する。
お客様やスタッフ間でのコミュニケーションを大事にする。

こういった基本を愚直なまでに続けてきました。ベンチャーサポートでは弁護士も全く同じ考え方です。
弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所も「サービス業」という考え方をしっかり持ち、お客様の問題解決に努めてまいります。

弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所

代表弁護士 渡邉 祐介
代表弁護士 川崎 公司
代表弁護士 福西 信文

所属弁護士紹介

渡邉 祐介(わたなべ ゆうすけ)

渡邉 祐介(わたなべ ゆうすけ)

弁護士の渡邉祐介(わたなべゆうすけ)です。私は元々、IT企業でサラリーマンをしていましたが、より直接的に企業を支援したり、ひとの人生に寄り添ったりしていける職務をしたいと思うようになり、一念発起し弁護士を志しました。

トラブルや人の悩みの本質は、突き詰めると心や感情という人の根底のところにあるように思います。法律は解決手段の中の一つでしかありません。法律要件に関係しそうなところ以外は一切聞かずに切り捨ててしまうというようなことはせずに、お客様のお話を丁寧にお聴きして、問題の本質を解決していけるように心がけております。

川﨑 公司(かわさき こうじ)

川﨑 公司(かわさき こうじ)

弁護士の川﨑 公司(かわさき こうじ)と申します。金融機関で10年以上ビジネスマンとして勤務しておりましたが、より高度な専門性を身に付けてお客様のお役に立ちたい、という気持ちから、社会人になってから、仕事をしながら法律の勉強を始めました。

金融に絡む相談や会社関係のご相談を受けることが多いですが、一方で、弱者保護をできること、権力に立ち向かっていくお手伝いができることが他の専門職にはない、弁護士としての唯一の特権であるという信念から、個人のお客様からも民事・刑事問わず多くのご相談を頂いています。

弁護士と聞くと、敷居が高いイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、私は、金融機関に10年ほど勤務しておりましたので、法律だけでなく、これまでの社会人生活で培った経験を活かし、ご依頼者の皆様に寄り添った弁護活動をしております。

福西 信文(ふくにし のぶふみ)

福西 信文(ふくにし のぶふみ)

弁護士の福西です。私は,大学卒業以来,IT企業勤務,経営コンサルタント等10数年の異業種経験を経て弁護士に転職したという経歴から,中小・ベンチャー企業の経営者の方のご相談を中心として,ビジネスに関わる法的問題に関わるご依頼を多数頂いてきました。
これまでの経験をもとに,法律面のみならず,ビジネス・実務の観点からも最適な解決策を導き出すご提案を心がけています。

髙田 翔太(たかだ しょうた)

髙田 翔太(たかだ しょうた)

弁護士の高田翔太です。

平成30年9月よりこちらに移籍してまいりました。ベンチャーサポート法律事務所の企業法務という相続分野という2つの主力業務を中心に多岐にわたる事案を数多く解決するという特色に,過去の法律事務所での経験を融合していければと考えております。

依頼者様のストレスをお預かりして,柔軟なご提案をし,前向きな日常を回復できるお手伝いができれば何よりです。